正しい香水のつけ方【必見】

LINEで送る
Pocket

どこにつけるのが正しいのか?

香水をつけすぎて周りに迷惑をかけた経験はあったりしますか?自分では鼻が慣れてしまい、匂わないはずなのに、周りにいる人はあ、いい香り等感じ方は様々です。
 
香水は色々な香りが混ざり合って表現されています。今はサスティナブルの観点から人工香料よりも天然香料が好まれますが、なかなか香りを変化させる際の順序や出し方を計算すると安定性が高い人工香料を使う方が表現はしやすかったりします。
 

香水の3種類の香り

 
花から取れる精油 香り フレグランス
 
 
トップノート
一番最初に香る香りで、揮発性が高い柑橘系が多く使われます。20分程持続します。
柑橘系、ハーブ系
 
ミドルノート
こちらは2番目に香る香りで4時間ほど香ります。
花から抽出した素材フローラル系や樹脂系、オリエンタル系
 
ラストノート
最後の香りはベースになる香り。6時間以上持続します。
樹木系、スパイス系
基本的には重い香りがラストで使用されるためサンダルウッドやアガーウッドなどまたはバニラやパチュリなど。
 
香りには上記3種類に分かれており、
この3つの流れで香りが変化していくのを楽しむことが香水の1番の醍醐味になります。
 
その結果、体温によって香りの変化が楽しめる=人間の部位で脈が確認できる場所が適してると言えます。
手首や首筋が基本的につける場所の正解になります。
 
今はそこまで主張したくない方もいると思うので、ほのかに香らせたい場合は頭上に1プッシュした後に潜ることで香りをまとうことでほのかに香るといったミスト的に使うこともできると思います。
 

香水の種類

また香水には4つの種類があり、それによって香りの強さが変わってきます。
 
香水種類パフューム
 
強い  パルファム 賦香率15%〜30%  5時間から12時間
 
少し強い  オードパルファム 賦香率10%〜15%  5時間から12時間
 
普通  オードトワレ 賦香率5%〜10%  2時間から5時間
 
弱い  オードコロン  賦香率1%〜5%  1時間から5時間
 
 
 

無臭文化日本

日本のperfumeはパルファムから来た言葉ですが、市場で展開されているのはほとんどがオードトワレです。ただ日本で展開しているperfumeは海外ブランドが8割のため、オードパルファムやパルファムが売られてるケースもあります。日本人用に作っていないためです。
日本は無臭文化なので、海外の様に体臭もあまりキツくないので、そこまで強い香りは逆にいうと他人を不快にさせてしまう可能性の方が多いにあります。
 
香水を選ぶ際は必ずオードトワレを選ぶ様にしましょう。
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP