大正、昭和に人気だった秩父銘仙

LINEで送る
Pocket

秩父銘仙イメージ

秩父銘仙

ISILKを立ち上げるきっかけになった秩父銘仙。

ちょうどその頃秩父銘仙のデザイナーとして参加してもらえないかと、親戚の横山織塾工房の横山さんに言われ入ったのがきっかけで、秩父にこんな伝統的文化があったことを知りデザインをする上で歴史から、銘仙のコレクションを見ながら色々と勉強し始めました。

 

銘仙とは秩父以外にも、足利、伊勢崎など北関東に集結していた織物の技術。

通常プリントは平織、すでに織ってある布にプリントするのが普通ではありますが、絣という技術は経糸に捺染(プリント)をして、それを巻き取り、蒸して色を安定させ、それを形成して、緯糸を入れる手法を銘仙と呼びます。 それをすることで何が変わるか。経糸と緯糸が重なった際に生じる柄のズレが、通常のプリントにはない味わい深いものとなります。

写真のように柄がずれているのがわかるとおもいます。

絣の技術が詰まった銘仙

 

アール・デコ

秩父銘仙に代表されるものは主に矢羽や大麻の花柄が人気でした。一方足利や伊勢崎はビビッドなカラーを使いフランスで当時流行っていたアール・デコ。アールデコArt (芸術)+Déco(装飾)と言われ日本の着物柄にも大きな影響を与えたことは今日残されている着物からも見て取れます。

その時代は、印象派で知られるモネやルノワール、ゴッホなどの豊かな色彩を日本の着物に昇華されていったと言われています。

なぜフランスなのか?これは秩父(大宮郷)から八王子を通って横浜にたどり着いた秩父から出荷された繭の出荷元がヨーロッパだったこと。それにより秩父で初めて建設された一番最初の小学校はフランス人が設立しました。そんな歴史を辿るとフランスで流行していたアール・デコの芸術様式がこの秩父に入ってくることで秩父銘仙の柄に影響を与えたことは言うまでもありません。

アールヌーボー アール・デコ芸術

解し捺染

絣という言葉はイコール解し織(銘仙)であり、メリットとしては裏表どちらでも使えるということ。 デメリットは手間が掛かることと緯糸を入れると色が薄く見えてしまう。と言われています。

絣にもさらに高度な技術が残っていましたが、今は伊勢崎や桐生なので織れる人と技術があるかどうかと言った手法があります。

 

半併用と併用絣という高度な技術

それが、半併用と併用絣になります。 先程の解し捺染は経糸に捺染、緯糸は色糸を入れて織るでしたか、その工程の緯糸に一定間隔と反物の幅に合わせて、柄の位置に綺麗に色を染め、乗せることで本来の経糸にプリントした色と部分的に染めた色が同じであればその柄の部分にまで綺麗な柄が浮き出てくるというもの。

 

併用絣は、経糸に捺染したものと同じ柄を織り幅と同じくらいの板に巻きつけ裏表に捺染をします。その板は中央で割れるようにりなっており、板を外し、またその糸を巻き取ります。その際端から端まで織る際に柄が合わせることができるよう印をします。これを織っていくと両絣になります。

 

聞いているだけでもゾッとするような織の技術を要する傑作です。通常緯絣、経絣とありますが、両方かすれます。色も同じ色のためより鮮明でいて立体感のある仕上がりに。

 

この併用絣は今はほぼほぼ絶滅危惧種。 職人が高齢でいなくなってしまう今。 伝統は後世に引き継がれなくてはいけません。 今その技術をしっかりとアップデートしつつ横山織塾工房の横山さんが継承に向け日々取り組んでいます。

 

秩父銘仙はやはり手間がかかるんです。お金にしようと思っても簡素化することができない貴重な技術ではあります。

下記写真は併用絣で織っています。

併用絣で作られた努力の結晶

 

秩父の機屋

秩父には今きちんと織っているところは辺見織物、新啓織物、横山織塾工房 あとは若手で秩父銘仙のその前に生まれた秩父太織をメインに織っているマグネティックポール。ここは繭を養蚕農家から購入し座繰り(糸を作る作業)から糸にし織る作業から全てを自分たちでできるような仕組みになっています。

 

秩父銘仙
秩父銘仙の着物、秩父の機屋で作られた反

 

みなさま独自で色々な技術があり、シルクの糸にもこだわってものづくりに励んでいる姿には感銘を受けます。マグネティックポールはすでに日本にフォーカスは置いておらず世界にいかに発信できるかを考えています。

本当に素晴らしいです。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP