スキンケアと香りの関係を問う

LINEで送る
Pocket

Perfume bottles with the shadows

香りの力とは

香りに携わるようになり、香りの凄さにびっくりします。
もともと人間一人一人に香りがあり、その香りで恋愛に繋がったり、雨の日は外に洗濯物が干せないため生乾きの匂いは人を不快にさせ、気分も悪くなってしまい1日の気分を台無しにされてしまったり、日常的に香りで気分の浮き沈みを経験することはすごく面白くまた奇妙だと感じてしまいます。
 
また幼少期に嗅いだ香りだったり、一度覚えた香りが記憶を呼び覚ましたりと音楽のように脳を刺激する物質をだすことで、香りがもつパワーが人間の潜在能力を引き出す。そんなパワーがあるのかもしれません。
 
 

なぜ香りを開発?

そんな中弊社が香りに携わるきっかけになったのは化粧品開発でした。

ブログでも何度か書きましたが、弊社のコンセプトは秩父のめぐみを使ったプロダクトを展開すること。
秩父は昔養蚕農家が人口の8割を占めていました。今でこそ衰退して7軒ほどに減ってしまいましたが、着物でいう秩父銘仙もシルクの絣で有名です。
 
そんな一大産業を後世につなげるためにはお金が必要です。
お金を稼ぐためのビジネスベースで自分ができることは何かと考えた時に、シルクの化粧品に着目しました。化粧品は全く無縁でしたが、勉強をするうちにわかってきたこともたくさんありました、その中で一番気になったのは香りでした。
 
 

スキンケアとは

化粧品と言ってもたくさんのジャンルがあるため、弊社が取り組んだのは基礎化粧品(スキンケア)になります。
 
基礎化粧品とは洗顔、化粧水、乳液、クリーム、美容液。メイクを落として肌を休めるための段階のことをいいます。
 
昔はお歯黒や白粉や鉛を肌に塗っていたため、かなり肌に悪いことをしていたし、毛穴を塞いでしまっているため、肌が呼吸できずあまり肌にとってはいいことではない状態です。
 
現代社会でも女性は化粧は欠かせなくなっているため、悪いものを塗りたぐって家に帰ってきてできる限りケアをして、また朝になると肌が整ってからまた悪いものを塗るという悪循環。
いくらいいスキンケア商品を使っても肌が改善されることはありません。
 
それなのにこの商品はいい!と1日だけで判断したり、女性は特に外側よりかは内側のサイクルの方が重要なため、それによってニキビやできものができてしまい、いいスキンケアプロダクトなのにその人にとっては良くないと判断されてしまったり、難しい問題ですね。
 
Face cream, serum, lotion, moisturizer and sea salt among bamboo leaves in the bath
 
 

スキンケアは果たして

資生堂がスキンケア部門のシェアを3割しか取れないのは、それだけ人の肌というものは十人十色でみんなにいいと言われる商品をなかなか探すのは難しいと考えます。
 
その中でもいいと言われている商品はたくさんありますね。それは広告でいつのまにか知っていて、口コミや広告宣伝で購入するケースが大半を占めるのも事実です。
 
脱線しましたが、化粧水やクリームに香りは必須です。
香りがない無香料を選ぶ方もいらっしゃいますが、やはり香りはスキンケアにとってすごく重要だと感じたため、現在フレグランスを展開している。そんなストーリーになります。
 
今後は少しづつではありますが、秩父のめぐみを使った原料を開発し成分の半分を秩父で取れる原料が使えるのが、弊社の目標でもあります。
 
それまでは少しずつ一歩一歩進んでいければと思っております。
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP