洗顔とクレンジングの違い

LINEで送る
Pocket

意外としらない洗顔とクレンジングの違いとは?

クレンジングとは、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすものです。

それに対して、洗顔は古くなり、お肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とします。

クレンジングは主に“油性”の汚れや落ちにくい頑固な毛穴のつまり、洗顔は主に“水性”の汚れをきれいにするものととらえると分かりやすいかもしれません。

勘違いしているクレンジング方法

×クレンジングを長時間行ったり、肌に乗せてパックする。

クレンジング剤は洗い流すもののため肌の上に長時間乗せておくと必要以上に肌のうるおいをとってしまいます。クレンジング剤でパックをするとはやめましょう。

×クレンジング剤の量は肌に負担がかからないよう少なめにする。

クレンジング剤の適量は商品に記載されている使用量です。肌の上でスルスルと抵抗なく滑るくらいたっぷり使いましょう。
クレンジング剤の量が足りないと肌を擦ることになり、摩擦で肌を痛めてしまいます。

×クレンジング後はタオルでゴシゴシ擦って拭き取る

クレンジング後タオルでゴシゴシ擦って拭き取るのがNG。柔らかいタオルで肌を押さえるようにして水気を拭き取るのが正解です。無理にこすると肌の表面を痛めつけて肌荒れになったりシミなど色素沈着の原因にもなります。

×メイクをきちんと落とすため力を入れてゴシゴシ洗う

クレンジング剤は肌に手早くのばし、ファンデーションなどとなじませましょう。肌への摩擦は色素沈着の原因になるので、汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシ擦りすぎないようにしてください。
手のひら全体を使って優しく滑らせましょう。

勘違いしているかも??

×ナチュラルメイクの日にメイクオフは必要ない

ファンデーションやアイシャドウなどの原料は油と粉でできています。
ナチュラルメイクであっても時間が立つと空気中の汚れや肌の皮脂に吸着して酸化します。その結果色素沈着してしみ・くすみの原因になったり毛穴にメイク汚れがつまりニキビができやすくなったりします。

×日焼け止めだけの日は洗顔だけでOK

メイクをせず日焼け止めを塗る場合でも洗顔料で落とせない日焼け止めを使った日はクレンジングをする必要があります。
日焼け止めが肌に残ったままだと肌が乾燥し、肌荒れしやすくなります。

 

 

 

HANASUMI ー花炭ー

自然からの贈り物をより身近に。
  そして香りとともに。

HANASUMI

HANASUMI

5060(税込)

HANASUMI 購入

商品紹介

 Blacklettersのブランドコンセプトでもあるとして木々から取れるめぐみを生かすをコンセプトとしたサスティナブルなアロマチャコール。

アロマオイルやエッセンシャルオイルを垂らして、アロマストーンの様な用途でご使用いただけます。

炭の特徴でもある湿度が高いと水蒸気を吸着し、周囲が乾燥してくると吸着した水蒸気を吐き出す。この機能を利用した自然のディフューザー。

玄関やトイレ、寝室に飾ると風水としては魔除けとして取り入れられ、自然の開運アイテムとしても昔から日本人の生活の一部として活躍してきたアイテムになります。

 

花炭とは、「飾り炭」とも呼ばれ、500 年の歴史を持ち、古くから茶の湯の世界で菊炭と共に使用され、優雅で高尚なものとして珍重されてきたと言われています。 木の実、葉、花、果物など素材そのままの形で炭化させてつくる炭の一種です。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP