プロが選ぶムエット紙とはどんな紙?

LINEで送る
Pocket

 

ムエット紙とは?

 
ムエット紙は香水売り場に備え付けられている香水をつけて香りを試す 紙になります。
日本語では「匂い紙」(においがみ)。
調香師は「試香紙」(しこうし)や「香料試験紙」と呼んでいます。
ムエット紙は1度使うと捨てるものになります。
紙はもともと原料が木なので、何かの形で再利用できる術を見つけられればサスティナブルなものに
変化するのではと思います。
 

ムエットの語源

ムエットとはフランス語で mouillette 意味は吸い取り紙という意味になります。
元々フランスでは細く切ったパンをムエットとよび、半熟卵やソースをパンにつけて食べる習慣があるため
ムエット=濡らす(mouiller)から作られたと言われています。
ムエットmouettoと普通に調べるとカモメとでてくるので、あくまで上記が正しい回答になります。

ムエット紙は細長いものやブランドロゴ等が入ってるもの、ブランドにより色々あります。
各ブランドで特徴があるので、集めてみるのも面白いかもしれません。
 
特にこの紙がムエット紙でなくてはいけないと言った認識はないようで、紙であればなんでもいいのかな?と思ってしまうほどです。
 

ムエット紙に適した紙の種類

 
紙の特徴は紙が無臭。
香りが紙の香りと混ざったら純粋な香水の香りが全くわからなくなりますよね。
 
紙工場に聞くと、香水の香りを長く持続させるためには表面が凹凸がないと香りが持続しないという見解でした。紙は色々な用途によってコーティングしたり、フィルムを貼ったりするため、本当は水彩画で使うような画用紙がいいとも。
 
そこで、通常ムエット紙として使われている紙がアラベールが一番いいのではと竹尾の担当者にご案内いただきました。その他にも、弊社BLACKLETTERSのパッケージに採用した気包紙もアラベールと同等の紙質とのことで採用しました。
 

パッケージの再利用

 
ちなみにパッケージは買ってすぐ捨ててしまうため、パッケージを切ってムエット紙や香りがある程度持続するためクローゼットやドアノブ等に置いてもらう事で1度だけではなく2度使っていただけるよう資源をできるだけ有効に使えればと思い考えられた構造になっています。
 
 
弊社でもムエット紙は黒気包紙を使用しています。
白の方が、色等の違いを見るのにいいと言われていますが、BLACKLETTERSだけにムエット紙も黒、パッケージも黒で統一しています。今後はその黒文字をベースのフレグランスブランドなので、カラーも色々なところで入れていければいいと感じています。
 
是非ブラックレターズの香りを試して見てください。
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP