フレグランスの使用期限ってあるの?

LINEで送る
Pocket

フレグランスの使用期限(香水や精油)

香水やフレグランスの使用期限は基本的に未開封でも3年になります。

 

日本の薬機法(旧薬事法)では「適切な保存条件の下、製造後3年を超えて性状及び品質が安定な化粧品については、使用期限や製造日の表示義務はない」と記載があります。

 
開けてからはなるべく早めに使ってもらうのが一番ですが、直射日光に当たらず、保管していただければ1年から2年は大丈夫かと思います。
 
それ以上経ってしまったものについては、香料とアルコールの相性にもよりますが、色が変化してきたり、香りが少し変だった場合は使うのはやめましょう。つけた後に体温と混ざって悪臭を漂わせてしまう可能もあるため注意が必要です。 
 

天然香料と人工香料

香水を作る上で押さえておきたいのは、天然香料で作った香水が少ない理由。それは安定性、変化を止めることができないため、商品として3年という期間を担保できなかったためです。ただ現状サスティナブルやビーガン等で天然のものが求められています。いままでは、化粧品で言えば保存を長くするため腐らないよう防腐剤を入れることで長持ちをさせていました。
しかし、その防腐剤でさえダメなものというレッテルが貼られてしまっているため、天然香料を長持ちさせることは至難の技です。
 
 
そのため上記で説明した通り天然香料を使っていればその分だけ劣化は早くなる可能性はあります。価格によって香料の質も変わってきますので、目視で確認したり、一度ムエット紙につけたりして確認してください。
 

柑橘系の香りは酸化が早い?

 
香水の香りの変化を感じる際、トップは柑橘系の香りが比較的多いため、蓋をちゃんと閉めて、揮発や酸化を防ぐことが重要です。酸化することで香りが薄くなったり、香りが変化したりします。
酸化や劣化の原因となるものが、まずは熱、光(紫外線)、水分による影響が大きいと言われています。
 
 
 
精油に関しても基本的には雑貨扱いのため、ある程度日が当たらない湿気のない場所に保管が必要ですが、開けてから半年から1年。もし開封した後になるべく品質を落とさないようにするには冷蔵庫に保管していただくことが必要です。
 
特に柑橘系のリモネンという成分が熱によって減少することで酸化が始まるため、なるべく遅らせるためには必要な保管方法になります。
 
一度香りを確認し、ちょっと違うかなと感じたら使用を避けてください。
 
特に柑橘系は肌に対して刺激性や敏感性が高いものですので、もし1年過ぎているもので香りが変わっていると感じた場合は使用しないようにしてください。
 
 
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP