秩父でとれるめぐみ、はちみつの効果効能とは

LINEで送る
Pocket

はちみつの力

むかしから風邪を引いて喉が痛くなると、はちみつにお湯を入れたはちみつのお湯を飲むことで翌朝喉の痛みがなくなるという経験から、風邪をひくといまだにはちみつを買ってきて作ってしまいます。
 
 
そんなはちみつ。
実はかなり優秀なんです。精油もそうですが、漢方としても医療にすごく関わりが強く、花のエキスが凝縮されたもの。そのため中に入っている成分もすごくいいものだとわかります。
 
 
はちみつは人類最古の甘味と言われています。
ギリシャ神話に登場するゼウスは幼少期にヤギの乳とハチミツで育てられたという言い伝えがあるそうです。
 
 
 
 
エジプトやメソポタミアなど古代文明の洞窟壁画には人々がハチミツを採取する姿が描かれており、世界中の遺跡から壁画やハチミツを意味する象形文字が見つかっています。エジプトのピラミッドからは、壷に入った3000年以上前のものとされるハチミツが香りもそのままに発見され、考古学者を驚かせました。
 

はちみつの効果効能

 
はちみつの主な作用は、体力回復、潤肺止咳、便通改善、止痛、解毒になります。はちみつの糖分が体内へ吸収される際に、ダイレクトにエネルギーとして吸収されるため体にいいと言われています。
 
またはちみつはビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールなど150種類以上の成分がバランスよく含まれているため、消化吸収力を高め、胃痛や腹痛を緩和する作用があり、食欲不振や疲れがある時におすすめです。
 
度々はちみつは肌にいいと言われ、有名なロイヤルゼリー配合など唄われている商品があります。
 
 
 
 
では肌に使用すると何がいいのでしょうか?
 

保湿効果

まずは、保湿成分がすごい高いと言われています。上記でお話した通り、
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなどの成分により、ハリと弾力を生み出します。
 

ニキビ予防

はちみつは殺菌作用も期待できます。はちみつに含まれるグルコン酸という成分は、ニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を減らす作用もあり、肌荒れの方にもおすすめできますね。
 

エイジング効果

ポリフェノールが多く含まれているため、紫外線や免疫低下機能を上げてくれる役割をしてくれます。
「抗酸化作用」とは、からだが酸化してサビしてしまうのを防ぐ役割。美肌になるための手助けをしてくれます。
 
 

秩父にある養蜂場

 
 
秩父の自然の中でも養蜂場があります。
 
その中でも横瀬の武甲養蜂場はすごく気になっています。
 
秩父の恵を使ったブロダクトとして、今後はちみつを原料にし、ハンドクリームや石鹸、化粧水などスキンケアプロダクトとして展開していければいいなと勝手に思っています。
 
 
まだまだ目の前にある問題は山積みですが、秩父でしかとれない、秩父でしか作れないプロダクトを作っていければと思います。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP