秩父のお土産探訪: 地元で愛されるお菓子ガイド

LINEで送る
Pocket

秩父市は、その自然豊かな環境と歴史的背景により、訪れる旅行者にとって魅力的な目的地となっています。ここでは、秩父ならではのお土産選びに焦点を当て、地元民にも愛されるお菓子をご紹介します。美味しく、見た目にも魅力的なこれらのお菓子は、秩父の思い出を家に持ち帰るのに最適です。

 

 

 秩父のお菓子の特徴

秩父のお菓子は、その地域性を反映した独特の味わいが特徴です。自然豊かなこの地域では、新鮮な地元の材料を使用した手作りのお菓子が数多くあります。伝統的な製法を守りながら、現代の味覚に合わせた進化を遂げているのも秩父のお菓子の魅力の一つです。

 

伝統と革新

秩父には多くの老舗菓子店があり、古くから伝わる伝統的なお菓子と、新たに作られた現代風のお菓子が共存しています。これは、時代に合わせた新しい味の開発と、伝統の継承という二つの側面が見られることを意味します​​。

秩父名産の活用

特に秩父産のメープルシロップ「秩父カエデ糖」は、地元で自生するカエデの木から採取した樹液を用いており、栄養価が高く、保存料や防腐剤を使用しない自然派志向のお菓子作りが行われています​​。

和銅最中と秩父自慢

八幡屋本店の「和銅最中」と「秩父自慢」は、それぞれ古くから愛される伝統の味と、新しく開発された秩父を代表する銘菓です。和銅最中はパリッとした食感の皮にあんこがたっぷり入っており、秩父自慢は栗あんとクルミが特徴です​​。

新感覚のお菓子

伝統的などら焼きに季節のフルーツや生クリーム、大福などを挟んだ「秩父散歩みち ちちドラ」のように、新しい素材の組み合わせで新感覚のお菓子も作られています​​。

カエデのくずきり

 秩父産のカエデを使用した「カエデのくずきり」は、夏にぴったりの清涼感が特徴で、口の中で溶けるような柔らかでなめらかな食感が楽しめます。日本茶はもちろん、コーヒーとも相性が良いとされています​​。

 

このように、秩父のお菓子は伝統的な製法を大切にしつつ、新しい素材や味の開発を通じて、幅広い年代に愛される多様な味わいを提供しています。地元の素材を活かした手作りのお菓子が、秩父訪問の際の楽しみの一つとなるでしょう。

 

 

必見!秩父で人気のお菓子お土産

 

秩父餅七福本舗 水戸屋本店の「ちちぶ餅」

明治8年創業の老舗。モチモチの餅生地でつぶ餡を包み込んだ小判型の餅菓子です。上品な甘さのつぶ餡が特徴です​​。

芋うららの「うららのけんぴ」

芋菓子専門店で、国産サツマイモを使用。さっくりカリカリの食感のけんぴで、5種類のフレーバーが楽しめます​​。

八幡屋本店の「秩父自慢」

明治35年創業の老舗。栗あんが入ったお饅頭で、クルミの香ばしい風味が特徴です​​。

秩父庵玉木家の「ちちぶぽてと」

和風仕立てのスイートポテト。秩父産メープルシロップや秩父太白芋などの地元食材を使用しています​​。

菓子処栗助の「すのうぼうる」

秩父カエデ糖を使用したサクサクの焼菓子。メープルシロップの自然な甘みが特徴です​​。

秩父 中村屋の「ちちぶまゆ」

カエデの樹液から作られるメープルシロップ「秩父カエデ糖」を使用。マシュマロの中にカエデ糖ジュレを詰め込んだ繭形のお菓子です​​。

相生町水戸屋の「秩父カエデ糖たると」

秩父産メープルシロップを使用したヌガータルト。アーモンドとクルミを入れたサクサクのタルト生地です。

 

 

お土産選びのコツ

秩父のお菓子を選ぶ際は、地元の素材を活かした商品を選ぶことがポイントです。また、パッケージの美しさも重要で、持ち帰りやすさや保存方法も考慮すると良いでしょう。お土産を購入する場所としては、秩父駅周辺のお土産店や、秩父神社近くの商店街、地元の菓子店などがおすすめです。これらの場所では、地元で人気のお菓子や秩父特有の商品を幅広く取り揃えています。

 

秩父道の駅

じばさん商店

祭りの湯

矢尾百貨店

秩父のサスティナビリティな活動

採取プロセス: 秩父の山々に自生するカエデから樹液を採取する取り組みは、地域活性化の一環として行われています。秩父で生産される「和メープル」と呼ばれるメープルシロップは、樹液を40分の1まで煮詰めて作られます​​。この採取プロセスには、急峻な山の中で手持ちのポリタンクを使用する重労働が含まれています​​。

 

シュガーハウス: 秩父では、採取した樹液をメープルシロップに変換するためのシュガーハウスが設立されました。シュガーハウス内では樹液が煮詰められ、メープルシロップが製造されます。この場所は、製造過程を見学できるほか、メープルシロップを購入したりケーキを楽しんだりできるスポットとしても機能しています​​。

 

サステナビリティ: 秩父では、地域特有の自然資源を活用した商品開発やエコツアーの企画を行っています。「TAP&SAP」という団体は、森から流れ出る様々な恵みを活用し、持続可能な地域経済を促進することを目指しています​​。

 

「TAP&SAP」

 

これらの情報から、秩父でのカエデ樹液採取とメープルシロップ製造は、地域経済の活性化と自然資源の持続可能な利用を目指す重要な取り組みとなっていることが分かります。

 

まとめ

秩父のお菓子は、その独特な味わいと地元愛溢れる品々で、旅の素敵な思い出を作るのに最適です。これらのお菓子をお土産に選べば、秩父の魅力を家族や友人と共有することができます。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP