秩父に来たら絶対ホルモン!ホルモン屋5選

LINEで送る
Pocket

秩父のホルモン

秩父は有名なホルモン屋がいっぱいあります。 特に有名なのは高砂ホルモン。3軒くらい家族経営なのか、暖簾わけなのかわかりませんが、一番有名なのはお花畑駅から徒歩1分にある場所。

クオリティは間違いないけど、、、。という内容でその他は控えます。 昔からサッカーでお世話になってたイケメン亭主の丹賀、ここはジンギスカンも取り扱ってます。

 

昔から少年団のサッカーの打ち上げでよく使用していた高篠にある山田ホルモン。ここのカシラはうまい!少し入りづらい道ですが間違いないです。他にも一番館など、たくさんあります。

本当にどこも安くて美味しい。

 

 

秩父でなぜホルモンが有名??

秩父にはたくさんのホルモン屋がありますが、なぜたくさんあるのかと疑問をもったことは一度もありませんでした。中にいると中にある素晴らしいものが当たり前になってしまうことで興味がないわけではないですが、そこに疑問を持つことはないといったところでしょうか?

その由来は、戦後まもなく在日韓国人がこの地でお店を始めたことと、当時市内に食肉処理場があったために新鮮なお肉を手に入れやすかったことにあると言われています。その後、庶民の料理として人気を博し地元の味になったそうです。

車で秩父に来るには関越道から花園インターで下りたら、そこから寄居を通って長瀞、秩父といった流れとなりますが、夏はすごい暑いところとして有名な熊谷に行く途中にはたくさんの養豚場があり、夏は窓を開けながら通過したくないくらい臭いイメージがあります。

 

秩父にも養豚場があり、新鮮なホルモンが食べられる唯一の場所です。

ちなみにホルモンの語源は内臓は食用の筋肉を取った後の捨てる部分なので、大阪弁で「捨てるもの」を意味する「放(ほう)るもん」から採られたといわれているそうです。トレビアーンですね。

以前秩父に帰った時に思いついたアイディアを丹賀の亭主に話したことを思い出しました。 秩父はホルモンが人気だけれど、例えば飛騨牛や松坂牛などブランド肉、豚だと山形の三元豚沖縄のアグー豚などブランド肉はたくさんあります。

 

秩父も秩父ブランド豚肉を1から育てて、ホルモン屋と豚肉屋みたいにここでしか取れない唯一無ニのブランド豚を作ることができるのでは?と思いました。1頭丸々無駄にしませんみたいな。

それをPRに載せることですごく面白いことが起こる気がすると一人でワクワクしてしまいました。

私自身は海外で生活をした経験から日本の本当の魅力を感じることに敏感になったと思います。学生の頃や当たり前に生活していた時は感じなかった感覚が客観的に見ることでより秩父の魅力を知ることができて本当によかったとすごく感じています。

秩父ホルモン5選

・高砂ホルモン
埼玉県秩父市東町30-3

・丹賀
埼玉県秩父市上宮地町2-6

・山田ホルモン
埼玉県秩父市山田2544-2

・焼肉ホルモン一番館
埼玉県秩父市日野田町1-4-6

・香味苑
埼玉県秩父市久那1259-5

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP