ファッションブランドはなぜ香水を売るのか?

LINEで送る
Pocket

香水はアート?ファッション?

香水=ハイブランドの香水
昔から香水といえば、ブランドのイメージが強いと思っていました。ドルチェアンドガッバーナやカルバンクライン、ディオール、シャネル、ミュウミュウなど。
 
香水はファッションと同じで、人を美しくさせる1つの道具(アイテム)であると考えています。洋服、バック、靴、アクセサリー、メイク、化粧品、お酒。それが一体となったビジネスの大元がLVMHだと考えます。バレンシアガやグッチ擁するケリングもその1つです。
 
ヨーロッパの2代財閥と言われるくらい高級なファッションブランドを持っています。
 
 
 

ファッションの循環構造

有名なデザイナーを起用し、オートクチュールからプレタポルテまで、毎シーズンコレクションを展開します。洋服の文化はヨーロッパのParisがやはり中心のためパリコレクションは世界のトレンドとなっています。
メンズではイタリアのピッティが有名ですね。
現在ではルイヴィトンは初の黒人デザイナーで話題を呼んだOFFWHITE(オフホワイト)のヴァージルアブロー
DIORはメンズはキムジョーンズ、レディースはマリア・グラツィア・キウリ。初めてディオールの女性デザイナーになります。
一方バレンシアガはVETMENTS(ヴェトモン)のデムナ・ヴァザリア、グッチはアレッサンドロミケーレと有名デザイナーを起用しています。
 

ファッションとお酒の関係

 
この構図からすると、ファッションと水もの(お酒や化粧品)は欠かせない存在であり、この水ものやアクセサリーなどはコレクションのランウェイをやることでブランディング、広告宣伝をし、バックやアクセサリー、香水、メイクアップを売ることで、またお金が循環するという仕組みで成り立っているとのではと思ってしまいます。
 
日本と違いヨーロッパやアメリカには社交場が必ずあるために、オートクチュールで作るドレスやプレタポルテは需要があり上顧客のために1着を売り収益を得ていると思います。また全世界のブティックのための量産の洋服が作られるとは思いますが、ファッションショーをやった対数のうちほんとに売れる洋服はそのうちの3分の1で、他はランウェイだけで製品化されない可能性もあります。
確かに洋服だけでも十分収益は出るのかもしれませんが、巨大企業はそれを宣伝と捉え、水物(お酒)やアクセサリーをメインに季節性のないものを売ってより大きな利益を得ていると思っています。
 
特にLVMHはLVルイヴィトン(バックで有名)とMH モエヘネシー(シャンパンで有名)が合併してできた会社になります。
 
 

香水とファッションの関係性

香水に携わるようになり、わかったことがあります。
ファッションデザイナー=フレグランスデザイナー
パタンナー(洋服の形、パターンを作る人)=調香師
 
 
日本は無臭文化のため香りというと香水よりかはお香が歴史としては長いように感じますが、ヨーロッパは洋服も香りも歴史が長い為、香水を調香する調香師は花形職業になります。
一方ファッションも一緒であくまでデザイナーはディレクターでまとめ役。基本的にはパタンナーは海外では花形職業です。
 
やっぱり人を美しく魅せる世界は一緒なんだなあと改めて感じました。
 
日本では残念なことにファッションは企業デザイナーやパタンナーはあまり重宝されていないのも事実です。
調香師についても、そもそも日本には調香師という職業よりかは食品の香料を作るような化学的なものになる為、滅多に注目されることはないのが、日本の現状です。
 
 
海外のものに魅せられるのは、そういった日本社会におけるヨーロッパに対する憧れも関係してくるのでしょうか?
 
 
弊社ブランドとしてはなるべく天然の香料にこだわった香りを発信していきたいというコンセプトであり、香りをクリエイト(創造)すると考えた時には人工香料でも香りの見せ方やどこにもないような感動的な香りを生み出すことができれば、香りを楽しむという純粋な側面としては素晴らしいことであり、ヨーロッパの歴史の中で生かされてきた産物をアートと捉えてもらうことも重要ではないかと思います。
 
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP