ロールオンとスプレーどちらがいいの?

LINEで送る
Pocket

Essential oil roller ball perfume blend in dark brown roll on bottle packaging. Beauty blogging, salon treatment concept

ロールオンとスプレー

最近ではスプレーよりもロールオンの使いやすいタイプも増えてきました。香水は100mゃ50mlは比較的多く、基本はスプレータイプがほとんどです。
 
ロールオンはアトマイザーのような8mから10mlの持ち運び用が主流です。コロナ禍で旅行に行く機会も減ったため、ポーチなのに入れて持ち運びをするようなシチュエーションは少なくなっているとは思いますが、香水を多く買っても全部使い切らないというケースが大半のため10mlタイプの需要が多いように感じます。
 
特にオーガニック香料を使った香水も増えてきているので、なるべく早く使い切ることが大切で、オーガニックは裏を返せば長持ちさせることが難しいということにもつながります。
 

ではスプレーとロールオンどちらがいいのでしょうか?

香水で考えれば揮発性を重視した時にはスプレーが一番いいでしょう。
香りの広がりもスプレーの方が広域性が出てきます。
 
一方でロールオンは手首などにつけて使いますが、直接肌に当てるため肌に当てた部分が中に入ってしまい、雑菌などが中に入り込むことで酸化や劣化を早く進ませてしまう可能性があります。
 
 
 
 
衛生面としてもあまり良くないですね。特に女性の場合はファンデーションやクリームなどを肌につけているため上記のような衛生面であまりオススメできません。
 
ただ、香水は初めてであまり香りが香らない方がよかったり、使いやすさで考えると銀色の玉がコロコロと回ることで中の香水が出てくるため、量の調整ができるのはメリットに感じられる方もいるかと思います。
 
ブレンドオイルやアロマオイルなど速攻性のあるものや香りを楽しむこととしてであればロールオンも使いやすさという面では使い方次第では問題ないと思います。
 
 

練り香水とは

 
最近では練り香水のようなバームタイプも出てきています。
使い方は香水と一緒ですがバームなのでどこに塗ってもいいという点。
 
髪や肌につけて香水の代わりとして自然にかおるというものとしては面白いと思います。
ただバームは練って香料をつけるため香りの立ちがこもってしまい、クリアではない点がデメリトットです。
 
 
 
弊社で展開している香水は基本スプレータイプです。
なるべく身近に、そして持ち運びができるようにというコンセプトで制作しました。より自然に近い香り。天然の香りをベースに制作したオードトワレを是非試してみてください
 
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP