リードディフューザーの中身は??そしてスティックは何を選べばいいの?

LINEで送る
Pocket

リードディフューザーのあれこれ

ディフューザーはこのコロナ禍で一気に人気がでました。安いものから高いものまでありますが、中々選ぶのには一苦労ですね。

ちなみにリードディフューザーとは?

リードディフューザーとは、瓶に入れたアロマオイルの中にスティック(リードとも呼ばれます)を挿して使用するアイテムです。リードに吸い込まれたアロマオイルが空気中で気化することで、部屋中に心地よい香りを広げることができます。

そんな商品を購入する際は使い始めてからどれくらいでディフューザーの液体がどれくらいで減るのかなど色々気になることが多いと思います。

そんな疑問にお答えしていきます。

 

 

香りの持続性を高める方法とは?

ディフューザーを作る側がわからすると長持ちして欲しいし、香りも継続してほしい。

ただ香りを継続させるためには持続させるための薬品が必要になってきます。

 

基本的にディフューザーは雑貨扱いのため、一応商品に使われている原材料を記載する必要があります。

 

ディフューザーを購入する際、裏面に表示されている内容は、【香料、エタノール、水】

 

と記載があるところも有れば、水の代わりに溶剤と記載されているところもあります。【香料、エタノール、溶剤】

 

できれば水の方が自然由来を謳うのであれば必要かもしれませんが、水にも色々種類があります。

余談ですが、化粧品などで記載されている水は基本的には精製水を指します。

 

通常の水にはミネラルや色々な成分が含まれますが、化粧品の他原料との相性もあり、基本的にはミネラルや必要のないものが全て排除された水のことを精製水と呼ぶため、その解釈については注意が必要です。

 

リードディフューザーの消費期限

一般的に売られているリードディフューザーの容量は150mlから200mlのものから、300や500mlがあります。

 

150ml 、200ml   1ヶ月〜2ヶ月

300ml、 2ヶ月から3ヶ月

500ml、 3ヶ月以上

 

 

あくまで予測です。

各メーカー、OEMも色々な組み合わせによって多少消費期限が違ってくるのは確実です。

何故なら夏と冬では気温や湿度が違ってくる為減り方が変わります。

また、香料の相性によっても減り方が変わってきます。揮発しやすい柑橘系などは香水でもご存知の通りトップノートとして使われるため、かなり早い段階で無くなってしまいます。

それを調整するために溶剤と言われるものが必要になります。

溶剤は最終全てなくなることはありません。必ず少しは残ります。

そうなると、入っている瓶、容器にも工夫が必要になります。

 

 

透明な容器と加色してある容器

透明の容器、瓶を使用しているところだとどれくらい減っているかが目視できるため、

気になる人は少し使っただけでなくなってしまうと感じてしまいます。

 

メーカーによって様々ですが、基本中身が見えない場合は基本どれくらい消費したのかがわからないため、クレームが起きにくくはなります。

多くのディフューザー容器は加色されているケースがたくさんあります。それは上記のようなトラブルが起こらないようにするためだと思っています。

あくまでこちら側の見解です。自信を持って薦められるブランドは透明でも問題ないかもしれませんが、その分溶剤が入っている可能性が高くなるという結果になります。

 

リードスティックの役割

リードスティックとは?

以前にもご説明しましたが、リードスティックとはビンや容器に入っている液体を吸い上げて芳香させるスティックのことを指します。

リードスティックの材質によっても消費期限が変わってきますが、かなり相性があるので、色々と試さないと早く吸い上げてしまい、リキッド(液体)がなくなってしまう可能性もあります。

ただ吸わなすぎも良くないかもしれません。

通常リードスティックには丸い細かい穴がある竹やラタンなどが採用されやすくなります。穴があることで液体を上に上に吸い上げることができるのが理由の1つです。

竹は持続可能で早く育つため、そういった消耗品には使われやすくなっています。

 

 

ラタンとは??

籐(ラタン)は東南アジアを中心に熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ科の植物で、日本名で「籐(とう)」と呼ばれています。

ツル性植物で、節があり、とげを持った表皮に包まれています。

 

その繊維は植物中最長にして最強といわれ、長さが200メートルを超えるものもあり、他の樹木にからみつき空に向かって伸びていきます。

およそ5年ほどで加工に適した大きさに成長します。

 

その生命力の強さから、通常の木材よりも丈夫で折れにくく、曲線の加工もしやすいため、細かく裂いたものを編んで籠としたり、太いものはステッキや家具のフレームなどに使用されます。

 

籐の実は球状で、つやのある三角状の鱗のようなものに被われていて赤、緑、黄色いものがあります。

実には、甘味があり、マレー人などは好んで食べているらしいです。

 

通気性がいいのも特徴で、暑い季節には人気のある素材です

 

ファイバースティック

他には中国製のファイバー系のリードスティックがあります。こちらは吸い上げが早く、スティックに香りがあまり留まらないため、機能的には良し悪しが分かれます。

ただ色がナチュラルなものしか選べない中で、黒や色を選択する場合はファイバー製の素材であれば何色でも色々な色を作ることができるそうです。

ロットは多くただ安価で作ることが可能です。

 

紙のリードスティック

最後に弊社にて開発した紙のリードスティックです。

一般的に上記に説明した通り、リードスティックのスティックは竹やラタンは基本素材の色になるため、デザインとしてリードスティックにデザイン性を求めた場合は守備範囲が狭くなってしまうのも現状です。

 

そんな中、ムエット紙などは香りを試すために使われる素材で、なおかつ香りの持続性を同時に実現できる素材でもあります。

 

その紙をリードスティックに採用することで、より長い時間スティックに液体と香りが残ることで、液体を全て吸い上げ終わったとしても、スティックに残る香りなどでより香りを持続できることが可能だと実験を判明しました。

 

こちらでは10本、50本単位で購入することが可能です。

是非試してみてください。

※液体との相性がありますので、必ず事前にお試しください。

リードスティック 10本

リードスティック

1150円(税込)

購入はこちら

BLACKLETTERSオリジナルのリードスティック

10本

リードディフューザーの交換用スティックです。

寝室、バスルーム、美容室、オフィス、自宅などで場所でご利用ください。

インテリア用としてもご使用できます。

100%紙の黒色のリードスティックになります。

特殊な素材のため、芳香の幅が広がります。

5本ずつ束ねてあります。本数によって香りを調節してください。

リードスティック 50本

リードスティック

4800円(税込)

購入はこちら

商品紹介

BLACKLETTERSオリジナルのリードスティック

50本

リードディフューザーの交換用スティックです。

寝室、バスルーム、美容室、オフィス、自宅などで場所でご利用ください。

インテリア用としてもご使用できます。

100%紙の黒色のリードスティックになります。

特殊な素材のため、芳香の幅が広がります。

5本ずつ束ねてあります。本数によって香りを調節してください。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

秩父の自然の恵みから、癒しの香りを体験

ご購入はこちらから ご購入はこちらから arrow_right
PAGE TOP